スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「はやぶさ」の帰還について

久しぶりの更新です、が挨拶になっているこのブログ。
今日は工学実験探査機「はやぶさ」について。
無事にイトカワのサンプルが入ったであろうカプセルも回収し、
ミッションを完了できて本当によかったと思います。
ただ一方で違和感があるというか、自分が世間一般とちょっとズレてるのかな、と思う出来事でした。

というのも、自分がはやぶさに何を一番期待していたかといえばイトカワのサンプルリターンです。
月の石、彗星のちり、に続いて地球以外の宇宙空間にあるものを持って返ってくれば
地球や宇宙についてより知ることが出来るからです。
だから、イトカワのサンプルの分析および結果にとても興味が有ります。
だからこれからも興味深いです。
しかし、今の雰囲気は「はやぶさよくやった! おつかれ!」のように感じられ
それに対して「あれ? まだまだ途中だろ?」って思ってるので
「みんな、なんかズレてない? いや、俺がズレてる?」って感じてます。

これは某所にも書いたのですが宇宙を「知ること」よりも宇宙に「挑戦すること」に興味のウエイトが
重きをおく人がおおいのかなぁと感じてます。
もちろん、両方持ってる人がほとんどで、両者はバランスの問題だと思いますが、
自分のバランスではどうも今の雰囲気に馴染めないなぁ、と感じてます。

つまりまとめると擬人化するのははやぶさではなくイトカワの方だ、ということです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。